さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2007年12月24日

EF65-1001(その1)

今夜はクリスマスイブ。朝から晩まで仕事でした(疲)。
仕事から戻ると、長女は起きてましたが、長男は既に夢の中。
嫁様の手作りケーキを頂きました。美味しかったです~。長男が寝てたので、プレゼントの贈呈は延期。

明日から嫁様と子供達は愛媛の実家に1足先に帰省するので、明日またクリスマスパーティーを愛媛の実家でするそうです(笑)。
私は仕事の為来年の年始に1人遅れて帰省するので、プレゼントは愛媛のサンタさんを通じて渡してもらうことにしました☆☆☆

鉄分未補給なので、過去画像です。
5月23日に、岡山機関区に珍客が訪れていました。

▲EF66-30号機牽引 2077レ 次位無動でEF65-1001付き
5月23日の2077レに、新鶴見機関区所属のEF65PFトップナンバーの1001号機が、次位無動で連結されて岡山機関区にやってきました。


▲1エンド側
正面貫通扉の右下あたりのステップ付近にジャンパ栓があるのが1エンド側の特徴です。


▲サイドプレート
切り抜きタイプのナンバープレートはメッキの上から白いペンキで塗装されているので、遠くからみてもナンバーがたいへんよく識別できます。製造銘板を見ると、昭和44年製造ということがわかります。まだまだ活躍できそうな感じなのですが・・・。


▲2エンド側
JR貨物の銘板が車体裾に取り付けられています。こちらもナンバー同様、文字が白く塗装されているので判別しやすいです。

EF65-1001号機も、まもなく検査切れになるそうで、現在は「ファイナルラン」の惜別ヘッドマークが1エンド側に取り付けられています。年内にも運用離脱との噂を耳にします。残念ですね~。  

Posted by ちいふ at 23:54Comments(3)岡山機関区