さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年02月10日

境港の魚食いヲタ(アカイサキ編)

山陰遠征時にはすっかり恒例の、境港への魚の買い付けに行ってまいりました。

まず目に飛び込んできたのは、この毒々しい色の変なデカいさかな・・・。

▲アカイサキ(雄)
今まで見たことのない魚がいました。シマイサキを赤くしたら似ているな~と思いつつ、商店のおっちゃんに、「これ何ていう魚?」って質問したら、「カサゴ」との返事。ホンマかいな?と思いつつ、刺身にしたら美味いよ~との言葉に負けて、1匹2000円で購入。



▲毒々しい色しています。
帰宅して調べたら、「アカイサキ」という名前の魚だとわかりました。ハタの仲間だそうです。
「イサキ」の名を冠していますが、姿が似ているだけで、別物です。知らんかった~。
雄と雌で体の模様が違うそうです。黄色い斑点がたくさんあるのが雄なんだって。


▲ウロコ取り
デッカいウロコがバリバリと気持ちよく剥がれていきます。この時点でカサゴやメバルの仲間ではないことを確信。


▲卸していきます
骨がメッチャ硬かったです。腹骨の硬さときたら鯛なんて目じゃないほどの硬さ。素人さんには無理っす。


▲二枚卸
上身を刺身にし、骨付きの方は切り身にして煮付けることに。


▲皮目の模様
アカイサキの皮目はこんな模様なんですね~。独特です。


▲スライス
分厚く切ってみました。薄く切ったほうがよかったと後で後悔(笑)。

しつこくない程度に脂がのっていました。魚独特の臭みがあまりなく、あっさり上品な味でした。  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(3)吉備國ノ食ヲタ活動記

2008年02月10日

皆生温泉へGo!(その2)

オフ会2日目。一足先に浪速國へ戻る鉄バ兄~をみんなで米子駅まで送ったあと、境港へ魚介類の買出しへ。
私は、アカイサキ・ウマヅラハギ・チダイを購入しました。

その後、境港のすぐ近くの「さかゑや」で昼食をとることに。

▲かにめし定食 1050円
カニの炊き込みご飯もおいしかったけど、カニみそ豆富が私のお気に入りです~☆
ここのお店は安くてうまいっす。

昼食後は伯備線のカモレを撮りながら県境を越えて南下~。標高が上がるにつれて気温が下がり、雨が雪に変わっていきました。ノーマルタイヤの宮さんの車が心配でしたが、凸3号さんの華麗なる(?)ドライビングテクニックにより、無事に谷田峠を超えることができて一安心。


▲やくも~
上石見のS字にて、首を振る前のドアップを撮ってみました。


▲EF64-1046
なんかコキが2両ぐらい少ないような・・・。以前、カーラックが付いていたころはもっと編成が長くて、最後尾がS字の入り口まで延びてたと思うのですが・・・。う~ん、撃沈(涙)。

楽しかった2日間。参加された10名の皆様、お疲れ様でした~。お仕事で参加できなかった皆様、次回会えると良いですね~。  

Posted by ちいふ at 23:58Comments(3)吉備國ノ食ヲタ活動記