さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年10月15日

松65・松58(その5)

帰省最終日。本当は仕事の日ですが、年休を取ってます。うひひ~、夢の3連休♪
早朝より重信川橋梁に向かいます。営業運転最終列車となる622Dにて、キハ47の代走として走る四マツ所属キハ65・キハ58のラスト・ランを見届けるためです。

私が大学時代の4年間を過ごした伊豫國を、昔からず~っと走っていたキハ58系とキハ65。学生時代に山岳系サークルに所属していた私は、石鎚山系や剣山系、赤石山系など、四国の山々を渡り歩きましたが、松山から登山口までの移動に、よく普通列車やバスを使いました。キハ20にもたぶん乗ったかと・・・。そのころは鉄分が抜けており、まったく撮影していないのが悔やまれます。
そして結婚後、撮り鉄に復帰。帰省の折に時間をつくり、松山のキハ65・キハ58達を撮影するのを楽しみにしていました。その撮影も今日で終わり。寂しくなるなあ。


▲キハ47 4連
JR四国色の国鉄型気動車が堂々4連で重信川橋梁をわたります。長編成は迫力ありますね~。


▲622D
本来はキハ47の4連ですが、前2両に代走でキハ58とキハ65が使用されました。終点・松山駅まであと少し。
マツロクゴ・マツゴハチの一般営業運転最終列車を素晴らしい快晴の中、撮影することができました。

622Dの撮影を終え、吉備國へ戻ることに。
途中、善通寺付近で高速を降り、讃岐國の有名撮影地へ寄り道♪

▲キハ32-2 + キハ65-69廃回
海沿いを走ることで有名な予讃線の撮影地、海岸寺~詫間にやってきました。
そこで、カメラをセッティングした直後にやってきたのは・・・。
なんと、キハ65-69の廃車回送!! うぉっ、サプライズ~。
併走車キハ32-2に付き添われ、松山から多度津工場へと戻ることのない旅路を偶然撮影できました。
数日前まで運用入りして普通に走っていたキハ65-69号車。方向幕は抜き取られています。
運転を終了した直後なのに、こんなにも早く廃車回送されたことにも驚きました。
いままでお疲れ様、ゆっくり休んでおくれ。

(おわり)  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(4)おでかけ/四国