さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年12月06日

オニオコゼ

仕事のため早朝6時前に自宅を出発。氷点下3度だそうで、メッチャ寒かったです。空気が乾燥しているのか、いつもならガチガチに凍っているはずの自動車のフロントガラスですが、今朝は解凍しなくても大丈夫でした。吐く息も全く白くありません。こんな乾燥した冷たい空気は喉を痛めます。インフルエンザが流行しつつあるそうなので、皆様くれぐれもお体を御自愛下さい。

さて、職場から自宅へ戻る道中にある小型スーパーマーケットが全面改装し、今日オープンしたので寄ってみました。

▲地物! オニオコゼ 580円
なんと、刺身用の岡山産オニオコゼが2匹で580円。このサイズだと1580円の間違いじゃないの~と思いながら、速攻で買い物カゴへ。さすがオープンセールです。店の気合の入り方が違います。


▲オニオコゼ 煮付け
刺身でもイケる鮮度の鬼オコゼを、贅沢にも煮付けにしました(笑)。
オコゼのヒレと皮にはコラーゲンがタップリなので、プリプリ。白身も脂がのってフワフワでした。


▲今夜のつまみ
まだ19時半だというのに刺身も半額(980円→490円)のシールが貼られていたので購入。
なんと、マグロ・タイ・カンパチのほかに、霜皮造りのキンメダイまで入っていました。
この店、以前は普通のスーパーで、品揃えがイマイチだったのでした。それが改装してからは、高級路線の品揃えになりました。

立地条件が良くない上、安売りの価格競争では大型量販店には絶対に勝てないであろうこの店。激戦区で生き残るためにターゲットの顧客層を富裕層に絞り込んだのは、賢明な方針転換だと思います。頑張ってください。応援してます♪  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(2)吉備國ノ食ヲタ活動記