さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2008年12月26日

井原鉄道井原線

よく晴れた極寒の1日で、昼には小雪が舞っていました。吉備國の県北、蒜山高原では24センチの積雪を記録したのだとか。山間部だともっと雪深いでしょうねicon04

鉄分無しのため、先日12月22日の遅れ富士ぶさの撮影の帰りに撮影した井原鉄道の画像です。
来年の1月11日に開業10周年を迎える井原線ですが、実はこれが初撮影。身近なだけにいつでもいいやと思っていましたが、やっと撮影する機会が訪れました。


▲小田川の橋梁
井原鉄道のIRT355型気動車です。
出力355PSなのだとか。18m級のコンパクトなステンレス車体であるにもかかわらず、トイレ付きだし、インタークーラーターボエンジンと高性能な変速機搭載で最高速度110km/hも出せるそうです。
いや~、最近の気動車の性能は本当に凄いですね。山陽本線でもキハ187系のスーパーいなば号が音もなく突然背後からカッ飛んで爆走してますしface08


▲石積みの築堤を行く
いままで私が井原線の撮影をしなかった理由として、高架橋ばかりで撮影するポイントがなかなか無いということがあげられます。私の友人の貴重な情報を参考に、ロケハンしたら、なかなか良さげな石積みの築堤を発見しましたicon88
この車輌、正面の左下に「宝くじ号」と小さく書かれています。スポンサーかな?


▲築堤俯瞰
同じ場所ですが、裏山を登り、上から撮影してみました。
晴れたり曇ったりの撮影には難しい天候でしたが、通過時にはラッキーなことに晴れてくれましたface02


▲小田川俯瞰
さらに同じ場所から小田川の橋梁を遠望してみました。
ステンレスの銀色の車体色は景色映えしないので、俯瞰撮影には向いていませんねicon10。  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(0)