さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年02月01日

懐かしの紫やくも

2月に突入しました。下旬にはまたひとつ年をとります。
四捨五入したら40ですよ~。イヤだなあ。
気持ちはナウ(←死語)なヤング(←死語)なんですよ。
実は、誕生日の直前に定期健診があるんですよ。実年齢に対して体の方が老化してたらイヤだなあ(涙)。お酒の量・・・減らそうかなあ(自爆)。

関西地区では、建築限界を測定する客車であるオヤ31-31“おいらん列車”が網干へ検査入場のため宮原から回送されたとか。廃車されずにまだ残っていたんですね。驚きました。子供の頃、一度だけ宇野線で撮影したことがあるような・・・。

ネタ無しなので1年前の2月1日撮影分から探してきた画像です。

▲旧スーパーやくも色
まだ1年前は紫色のやくもが走っていました。
もうこの頃には紫色が急速に減少し、紫統一編成がほとんど見られない状況でした。
まだ「スーパーやくも」だった頃には撮り鉄に復帰していなかったため、ヘッドマークに「スーパー」の文字が入った姿はほとんど撮影していません。


▲先頭車の4本ヒゲ♪
2008年1月31日が紫統一編成としての最終運行ではなかったかと記憶しております。翌2月1日も紫統一編成を撮影しにいったら、中間のユニットが緑色のクモハ・ユニットに差し替えられていました。
コンデジ時代にはよく撮影した紫やくも色ですが、デジ一眼に変えてからはあまり撮影できませんでした。
スーパーやくもが消滅してから2年近くは緑と紫の混色が続きましたが、最後はかなりのハイペースで緑への塗り替えが行われたような印象です。
一般人の目線に立てば、グチャグチャの混色運用は特急としての風格に乏しく、見苦しいですからね。  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(0)伯備線