さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


2008年02月17日

排雪モーターカー(その3)

朝から晩まで仕事でした。日中は小雪も舞い、寒い1日でした。ここ数日、山陰は大雪ですね。今日も島根県の雲南地域は大雪・雷・雪崩注意報が出ていたので、もしかすると木次線にはラッセルのディーゼルエンジン音が響いていたかもしれませんね。

ロータリー排モ特集の第3弾です。

▲出雲坂根駅の踏切
排モを正面から撮影するため、スイッチバックで有名な出雲坂根駅まで戻ってきました。
左側が木次・出雲横田方面への下り坂で、右側がスイッチバック区間で備後落合方面となります。
このあたりは1番雪が多い場所なので、かなり新雪が積もっていました。
排モはたいへんゆっくりと進むので、寒い中、私は雪だるまになりながら、その到着を静かに待っていました。


▲ロータリー排モ
踏切で待つこと25分。木次方面より、やっと排モのおでましです。
排モは保線用の機械であり鉄道車輌ではないので、踏切は鳴りません。
進行方向の左側に投雪していますね。


▲赤ザリガニ!
投雪が進行方向の右下に変わりました。ウイングを広げた姿、まさに爪を広げたザリガニです。
米坂線のDD14やDD53が大ザリガニならば、この木次線のちっちゃな排モは小ザリガニですね。
ちっちゃいとはいえ、私にとっては初めて撮影するロータリーです。もう感動~☆☆☆ 星三つ進呈いたします。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(業務列車/雪レ・特雪)の記事画像
久々に投稿
木次線長期運休中
2011年撮り初め
11月の鐵をふりかえる
木次線試雪
2010年初撮影
同じカテゴリー(業務列車/雪レ・特雪)の記事
 久々に投稿 (2015-11-15 18:16)
 木次線長期運休中 (2011-01-31 23:59)
 2011年撮り初め (2011-01-01 23:43)
 11月の鐵をふりかえる (2010-11-30 23:11)
 木次線試雪 (2010-11-05 23:59)
 2010年初撮影 (2010-01-01 23:59)
この記事へのコメント
いや〜 もう 凄い迫力だなぁ(驚)

こりゃ 大袈裟ではなく雪だるまになりますな〜

ここまで我慢した ちぃ〜さんに
★★★★★5つ進呈!
Posted by 宮 at 2008年02月18日 22:11
本当、二月になってからよく降りますなぁ。ロータリーは飯山線で一度みましたが、ラッセルとは比べものにならないぐらいの迫力で撮影していたら恐いですよね。
Posted by 鉄バカ日誌 at 2008年02月19日 11:08
>宮さん
☆5つも戴き、恐縮です〜(笑)
外は寒かったですが、冬山登山装備の上、車が近くにあって荷物を持たなくて良い上、暖房が効いてぬくぬくできたので、楽チンでした(^^ゞ
積雪はあったけど、ほぼ無風で傘が使えたのでラッキーかな(^O^)
Posted by ち at 2008年02月19日 12:42
>鉄バ兄〜
すごい!本物のロータリーを見たことあるんですか!?
木次の排モは、耕運機のような音がしてました(笑)。
投雪も上越のような雪量ではなかったので、想像していたほどではなかったです。
DD14やDD53の投雪をいつか見てみたいなー。
Posted by ち at 2008年02月19日 12:55
私も本物は見たことないです。飯山線といえども浅い積雪ならモーターカーの出動となるようです。モーターカーであの迫力!本物はすごいんでしょうね!
Posted by 鉄バカ日誌 at 2008年02月19日 17:14
あたしゃ、★★★★★★★★・・・
もうええ!っちゅうねん!
しかし、この積雪量!よくココまで行きましたね!

しかし、雪って、いいですね!
1月生まれ、1月生まれ、しつこいですが、1月生まれの私は(笑)、
雪大好きです!

岡山って、ほんといい場所ですよね!
うらやましいです!
Posted by 音戸 at 2008年02月19日 21:35
>音戸さん
いや~、今回は雪は少なかったですよ。多かったのは一昨年の12月末でした。もう凄かった・・・の一言に尽きます。1時間につき5センチ積もりましたから。
私も暖かな瀬戸内に住んでいるため、普段の生活では滅多に雪をみることができません。なので雪が大好きです。
ちなみに私は2月20日生まれ(笑)。・・・実は今日が誕生日です(笑)。
山口もいいとこだと思います。関門に住みたいなあ。できれば唐戸市場のすぐ近くで・・・(笑)
Posted by ちいふ at 2008年02月20日 00:14
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
排雪モーターカー(その3)
    コメント(7)