さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


2008年07月21日

伯備線貨物 初夏の頃

相変わらず気温が高過ぎます。ドアから室外に一歩出るとアスファルトの上を熱風が吹き抜けていきます。こりゃ、体温より気温高いな。
本日は仕事最終日で19:00過ぎに終了♪
世間一般では、祝日の「海の日」で3連休の最終日なんですね~。ワタシャ~たっぷり働きました。そのかわり、明日から2.5連休♪。天気が快晴なら鉄分補給してきます。

7月上旬に撮影の過去画像です。

▲EF64-1048号機牽引 3082レ 備中神代付近にて
約10日前に撮影の伯備線貨物です。この日も湿度タップリで雲が多く、晴れたり曇ったりで露出泣かせでした。
午前9時過ぎ、定刻に3082レがやってきました。
通過時に晴れてくれてよかった。


▲国鉄色+オール赤紫コンテナ
初夏の頃、伯備線沿線の里山風景を演出するのは、森の深緑と、大きく成長した水田の稲と、澄んだ川の流れです。
国鉄色のロクヨンに当たる確率は2/5なので、そう珍しいことではありませんが、11両編成のコキ車に満載されたコンテナの色が全てJRFレッドだったので嬉しかったです。


▲もうすぐ備中神代
手前の川は高梁川ではなく、支流の西川です。透明度が高くて綺麗ですよ。
伯備線をオーバークロスする県道の陸橋からお手軽に撮影できるの有名ですが、実はここで貨物を撮るのは初めてなんです。
いつでも撮れると思って後回しにしてたら、なぜか撮ってませんでした。


▲下に降りて、やくも狙い
時間があったので、県道から下に降りてみました。ずっと遠くで鮎釣りをする人が竿をたらしています。
西川のせせらぎを聞きながら、1時間ほどのんびり過ごして涼を満喫しました♪
最後まで残った紫色の旧スーパーやくも色クハが最後尾に連結されています。この紫クハですが、今週にも緑色に塗り替えられるみたいです。紫色の車輌もサロ1両を残すのみ。まもなく消滅ですね・・・。


▲県道沿いのD51-838
ここ、備中神代は、かつてのD51の三重連で有名な布原のすぐ隣です。県道沿いの陸橋付近には、このような当時を偲ぶモニュメントが飾られています。(炭水車が無いんですけど・・・。)
D51-838号機は元お召し機で、実車は井倉洞の入り口に静態保存されています。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(伯備線/貨物列車/EF64-1000)の記事画像
赤紫の放物線
伯備色のロクヨン
超撃沈は続くの巻
あの日を忘れないで
伯備色EF64
晩秋の伯備線貨物
同じカテゴリー(伯備線/貨物列車/EF64-1000)の記事
 赤紫の放物線 (2010-08-18 23:59)
 伯備色のロクヨン (2010-02-03 23:59)
 超撃沈は続くの巻 (2009-07-24 23:59)
 あの日を忘れないで (2009-04-25 23:59)
 伯備色EF64 (2008-12-11 23:59)
 晩秋の伯備線貨物 (2008-11-13 23:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
伯備線貨物 初夏の頃
    コメント(0)