さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


2008年08月30日

九州の豪華特急

8月下旬というのに朝晩は寒いぐらいに冷えるようになりましたね。秋が近いから・・・ではなく、異常低温だそうです。
日本上空に南下してきた寒気に、南からの湿った空気がぶつかって大気の状態が不安定になり、この連日の豪雨の原因になっているそうです。

昨夜は風呂上りに窓を開けて扇風機を強風にしたまま就寝してしまい、深夜になって腹を冷やしてしまいました。おかげで、まだ夜が明けきらない時間に何度もトイレに通う始末・・・。皆様、扇風機のタイマーをセットしてから寝ましょうね(涙)。

天気はまずまずでしたが、仕事のため鉄分補給はお休みです。
本日の特集は、今月5日に撮影の九州の個性溢れるディーゼル特急たちです。


▲ゆふいんの森1号 キハ71系
鹿児島本線・原田(はるだ)駅にて撮影。寝台特急はやぶさ号を撮影してから6~7分後に、グリーンメタリックのドーム型の気動車がやってきました。
キハ65・キハ58を種車とした改造車なのですが、車体は新製でエンジンや台車のみ流用なので、改造車というよりほとんど新造車ですね。5年ほど前に、新エンジンを乗せたとのことなので、オリジナル部品は台車だけ(笑)。
注目すべき点として、この列車にはなんと、ビュッフェがついております。4連なので乗客定員は決して多くないと思うのですが採算は合うのでしょうか。原価率の低いコーヒーなどがメインだとは思いますが、人件費などの経費を吸収できるぐらいの売り上げは難しいような気がします・・・きっと、いろいろ経営努力してどうにか継続されているのでしょうね。
いまや、食堂車やビュッフェ類を連結しているのは、この「ゆふ森」と、北斗星、トワイライトエクスプレスだけ。昼行特急なら、ゆふ森がオンリーワンですよ。ぜひとも継続していただきたいです!!


▲ゆふデラックス キハ183系1000番台
約1年半ぶりにこの列車を見たのですが、なんか前回とは大きく塗色が変わっているような・・・(笑)。
以前は赤茶の「古代漆色」だったよね~。


▲昨年の色「古代漆色」
水戸岡デザインを見ていると、ミトーカ大先生のブームの色があるらしいです(笑)。
九州新幹線800系の屋根色、岡山電気軌道3007号“KURO”の屋根色・・・これらは大体同じ頃に誕生していて、採用された色は全て「古代漆色」です。
きっとこのころの大センセーのブームは古代漆色だったのでしょうか(笑)。
・・・と、いうことは、今のブーム色はこのカナリヤイエロー!?・・・(笑)。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おでかけ/関門・九州)の記事画像
8094レ
リバイバルブルトレ
415系・小豆色
菜の花の築堤
菜の花の黄色い海
長崎本線の顔、かもめ
同じカテゴリー(おでかけ/関門・九州)の記事
 8094レ (2010-10-20 23:59)
 リバイバルブルトレ (2010-09-26 23:59)
 415系・小豆色 (2009-04-15 23:59)
 菜の花の築堤 (2009-04-02 23:59)
 菜の花の黄色い海 (2009-03-27 23:59)
 長崎本線の顔、かもめ (2009-03-26 23:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
九州の豪華特急
    コメント(0)