さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


2010年10月29日

金色の仏様と鉛色の日本海と

キハ181系使用の団臨が山陰線を走りました。昨日播但に行けなかったこともあり、キハ181の見納めをしてまいりました。


▲キハ181系団臨
天気予報では昼から晴れだったのですが、見事に大外れ。
雲の隙間から時々青い空が見え隠れする程度で、日本海はドメドメの真冬のような鉛色でした。
ここを皮切りに、米子まで追いかけて4~5発撮るつもりでしたが、11時頃に山陰線の普通列車が車輌故障を起こした関係でダイヤが乱れ、キハ181の撮影は結局この1枚だけ。
撮影は残念な結果になりましたが、米子から東の撮影地は未開だったので、良いロケハンがたっぷりできましたっ・・・て、いうことにしておきましょう。

ワタクシが撮り鉄に本格的に復帰したのは出雲が廃止なった後でした。もうちょっと早く復活しとけばよかったな~。これ、いっつも言ってます(笑)。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(おでかけ/鉄活動)の記事画像
奥出雲の短い秋(その2)
奥出雲の短い秋(その1)
晩秋・木次色
急行つやま+α
久々のセノハチ
富士ぶさ廃止決定らしい・・・
同じカテゴリー(おでかけ/鉄活動)の記事
 奥出雲の短い秋(その2) (2008-11-22 23:59)
 奥出雲の短い秋(その1) (2008-11-21 23:59)
 晩秋・木次色 (2008-11-11 23:59)
 急行つやま+α (2008-11-10 23:59)
 久々のセノハチ (2008-10-07 23:59)
 富士ぶさ廃止決定らしい・・・ (2008-10-05 23:59)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
金色の仏様と鉛色の日本海と
    コメント(0)