さぽろぐ

  趣味・エンタメ  |

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2009年01月21日

EF64-1 解体

1日中、冷たい雨が降っていました。
ひとつ、残念な知らせが・・・。
昨年12月中旬にEF64-9号機が幡生で解体され、ガッカリしたばかりですが、長年ずっと岡山電車区の片隅で、部品取用にされていたのかどうかわからない、もう1両のボロボロのEF64が遂に解体され始めたそうです。
そのEF64はなんと、試作機の1号機。トップナンバーが解体されるとは・・・(涙)。
伯備線とは馴染みの深いEF64の0番台。岡山に残る最後の1両が解体されてしまいました。
ほとんど走らなかったDE50-1が津山に保存されたのに対し、伯備線での活躍が多くの人々の心に残っているEF64が消滅したのはなんとも奇妙な話です。しかもトップナンバー。きれいに復元して博物館入りしてもおかしくないのにね。


▲EF64-9
過去画像で、2007年10月22日の早朝に岡山機関区で撮影した9号機です。稼働率は低かったものの、工臨でレールチキを牽引する姿をよく目撃しました。
1号機は、私が撮り鉄に復帰してからは撮影していません。ずっと動いていなかったのかも。
中学生の頃に伯備線を走った1・2・3号機の三重連のイベント列車が懐かしいです。  

Posted by ちいふ at 23:59Comments(2)岡山機関区